片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
本文へジャンプ

中学年の勉強のポイントA〜勉強を楽しむ〜

スポンサードリンク

サイト内を検索する!

Google
まず、しておく!!

スポンサードリンク

中学年の勉強のポイントA〜勉強を楽しむ〜

小学校3年生の勉強で気をつけなければならないこと。それはどの科目についてもあてはまることですが

「勉強の楽しさ」を伝えることです。

「勉強の楽しさ」を伝え興味をもたせるというこです。子供は「好きなこと」「興味のある勉強」は積極的にやります。その反対で「嫌いなこと」「つまらないこと」はやりません。

「好きな科目は得意な科目」という名言がありますが「好きな科目」は勉強をどんどんするので「得意な科目」になります。「得意な科目」になればテストの点数も上がるのでますますやる気が沸き起こります。またやるからもっと得意になります。つまり好循環が生まれます。

その反対で「嫌いな科目」は勉強をやらないので「苦手な科目」になります。「苦手な科目」はテストで点数があまり取れません。よってもっと嫌いになりもっと勉強をしなくなります。つまり悪循環が生まれます。

好循環を作るためにもポイントになるのは本格的に受験勉強を始める「小3の勉強」です。

では「勉強の楽しさ」を伝え、「興味を持たせる」にはどうすれば良いか?

キーワードは
『ゲーム感覚』です。

勉強の本質的な楽しさというのは、ある程度の年齢にならないと分かりません。
ですから、小学校3年生には勉強の本質的な楽しさではなく、『ゲーム感覚』『クイズを解く感覚』で楽しませていけば良いでしょう。

さらに言うと『算数』については以下の点に気をつけると良いと思います。

@「詰め込み式」の勉強ではなく「考えさせる」勉強をさせる。
A「これはこう解く!」と型にはめず、子供の発想を大事にする。


「詰め込み式」の勉強ほどつまらないものはありません。小3のうちからいろいろな問題を見せて、「この問題はこう解く。とにかく覚えなさい。」では算数の本質的な力はつきません。

また丸暗記の勉強で覚えたことはすぐに忘れてしまいます。たとえ成績が上がっても一時的なもので終わってしまいます。こういった子供は小4くらいまでは成績が良いのですが算数が難しくなる小5以降になると、どんどん成績が下がっていきます。やはり1問1問子供にじっくり考えさせることが大切です。そして「子供の柔軟な発想」を重視することです。
その中で「なぜそうなるか」「どうしてそう考えるか」を説明しながら教えてあげる必要があります。

『なぜ』を重視して勉強することが重要になります。ですから「量より質を重視した勉強」をさせることが大切です。

 <中学受験を目指す小学生の各学年における勉強の留意点 目次>

(1) 小学校低学年(小1・小2)の勉強の留意点

(2) 小学校中学年(小3・小4)の勉強の留意点

(3)
 中学年の勉強のポイント@〜家庭学習習慣をつける〜

(4) 中学年の勉強のポイントA〜勉強を楽しむ〜

(5) 中学年の勉強のポイントB〜家庭学習のやり方・丸つけの仕方〜

(6) 高学年の勉強のポイント@〜時間を上手に使う〜

(7) 高学年の勉強のポイントA〜弱点補強と実戦力強化〜

(8)
 高学年の勉強のポイントB〜効果的な『過去問演習』〜

(9) 高学年の勉強のポイントC〜効果的な『入試演習』〜
スポンサードリンク


片倉学.com(中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報)トップページへ

片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします。
発見した場合、法的な措置を取らせていただきます。ご了承ください。
Copyright(C)2007 片倉学.com All right reserved. Since 8/14 2007