片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
本文へジャンプ

英語の勉強法D 英会話の勉強法

スポンサードリンク

サイト内を検索する!

Google
↓英会話の勉強法↓
たった90日でネーティブ並みの英語が話せるようになる!完璧な発音ができれば英語も通じる!効果がなければ完全返金!
↑オンライン英会話。インターネットで英会話の勉強ができます。英語のライブレッスンをネーティブ講師の画像を見ながら受講できる教育訓練給付金講座もあり今なら無料体験レッスンあり!!
↓TOEIC・TOEFL↓勉強法
↑正統派の英語学習法
英語が苦手でも1年でTOEICが900点とれる。誰でも英語が好きで得意になれる!
コンピューターテストで簡単にTOEICのスコアが分かる「CASEC」
TOEICビギナーでも1週間の勉強でスコアアップできるTOEIC勉強法
専門スクール並みの成果を自宅で達成!「TOEFLスコアアップマニュアル」
まず、しておく!!

スポンサードリンク

英語の勉強法D 英会話の勉強法

昨今、英会話の勉強をする人が増えてきております。
現代社会はボーダレスの世の中になり
多くの日本人が海外で活躍するようになりました。
これは企業だけでなく、例えばイチローや松井(ゴジラ)などの野球選手
中田英寿などのサッカー選手のようにスポーツ選手も活躍しております。

彼らのインタービューの様子をテレビで見たことがある方も多いと思いますが
イチローは英語できちんと話せているし、中田もイタリア語が話せます。

普通の企業で海外に行って働く人でないスポーツ選手にとっても
今や英語・英会話は必須になってきています。

今後、確実に国際化は進みますので、
今まで以上に英会話が必要な場面は増えていくでしょう。

これからの日本人にとって

英会話の勉強は必須

と言えます。
ですから幼児期から英会話を勉強させるご家庭が急増しているのです。

幼児期から英会話の勉強をさせることについては賛否両論があります。
反対派の多くは

「まだ日本語もきちんと勉強できていない幼児期のうちから英語の勉強をさせると
日本語(国語)力が身につかないのではないか」

と考えます。
賛成派は

語学の勉強には適齢期があり小さい頃に英語の響き・リズム・イントネーション
に慣れておくことが大事」

と考えます。
どちらも一理ありますが、私は幼児期からの英会話の勉強に賛成です。

なぜなら、先程も申し上げたとおりやはり

語学の勉強には適齢期があるので

勉強のタイミングを逃すとなかなか英会話が習得できないからです。
高校生・大学生・社会人になってから英会話の勉強をする人はかなり多いと思いますが
多くの人がやってもなかなか身につきません。

身につかない最大の原因

英語の発音・リズム・イントネーションに慣れていない

からです。そして

英語で会話をする訓練(経験)をあまりしていない

からです。
当然英会話というのはコミュニケーションですので
まずは相手が話している内容をきちんと聞き取って理解しなければなりません。

そうしなければ会話のキャッチボールはできません。
実はこれらの勉強はなるべく小さい時にやっておいた方が身につきやすいのです!!

日本人が英会話が苦手なのは英語のリスニング力が低いからです。

幼児でも中学生・高校生・大学生でも社会人でも手軽にできるリスニングの
勉強法に

「洋楽を聴いて覚える」

というのがあります。

勉強というのは何でもそうですが「楽しくなければ長続きしません」
洋楽を聴いて覚えるという勉強ならば無理なく勉強ができます。

特に音楽が好きな人なら楽しみながら勉強ができるでしょう。

音楽を聴きながらリスニングの勉強をするとき
初めのうちは全部単語を聞き取ろうとせずに肩の力を抜いて
リラックスして聴くと良いでしょう。

初めのうちは英語の発音・リズム・イントネーションに慣れるために
聞くことが目的なので多少は意味が分からない単語や聞き取れない単語が
あっても構いません。ただ流しておくだけでも効果的です。

そしてある程度、英語の響きに慣れてきたら、今度は一緒に歌いながら
勉強すると良いでしょう。
そうすると発音が上手くなるだけでなく
細かい英語の言い回しや文法も分かってきます。

洋楽を聴いて英語の勉強をすれば「リスニング」の勉強だけでなく
「英文法」「英単語」「英熟語」の勉強も同時にできてしまいます。

もうひとつ効果的なリスニングの勉強法として

「内容を知っている外国の映画を見る」

というのがあります。

内容を知っていれば、多少分からない単語や聞き取れない単語があっても
大まかな流れはつきます。
そうすると自然と英語の発音やリズムに慣れてきて
英単語が少しずつ聞き取れるようになります。

英語のリスニング力がついたらいよいよ英会話の訓練です。
英会話の勉強はやはり

「英会話スクールに通うのが一番です。

なぜなら英会話というのは会話をして初めて身につくからです
ですから英会話スクールに通って
ネーティブの先生と実際に会話をするという経験を積んで初めて
英会話はできるようになります。

ただここで注意点ですが、英会話スクールに通っていれば
それで良いという訳ではありません。
語学学習というのは環境がとても大切です。

ですから常日頃からに英語に触れた方が効果的な学習ができます。

@洋楽を聴く

A外国の映画を見る(内容を知っている映画)

B外国のニュース番組を見る

C外国人の友達を作る


など方法はさまざまです。いろいろ試してみて下さい。

さて最後に「TOEIC」「TOEFL」の勉強法の紹介です。
先程から申し上げているとおり現在はボーダレス時代の世の中です。

社会人は高い英語力・英会話能力が求められています。

会社によっては「英検」「国連英検」の級や「TOEIC」「TOEFL」の得点を
昇給・昇格の条件としているところもあります。
これらの勉強は社会人になってから慌ててやってもなかなか身につかないものです。
できれば高校生・大学生のうちからきちんとやることをお奨めします。

スポンサードリンク


片倉学.com(中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報)トップページへ

片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします。
発見した場合、法的な措置を取らせていただきます。ご了承ください。
Copyright(C)2007 片倉学.com All right reserved. Since 8/14 2007