片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
本文へジャンプ

市進学院とは

スポンサードリンク

サイト内を検索する!

Google
まず、しておく!!

スポンサードリンク

市進学院とは

市進学院(いちしんがくいん)は、株式会社市進が運営する小中学生を対象とした学習塾。首都圏を中心に展開している。市進学院の「市進」とは旧称の市川進学教室の略称であり、元々は千葉県市川市を拠点としていた。現在の本部は東京都文京区本郷。

歴史
1965年(昭和40年)市進学院の前身「真間進学会」が千葉県市川市に開設、やがて、1970年(昭和45年)高校受験指導のため全国に先がけて入会試験を実施。1978年(昭和53年)には教室展開を見せている。そして翌年には高校生対象の「市進予備校」を開校、さらに1984年(昭和59年)には現在の「市進学院」に改称。そして11年後の1995年(平成7年)には、家庭教師派遣機関「市進チューターバンク」を開設し今に至る。


市進学院の特徴と概要
主に千葉県を中心に教室を展開している。指導スタイルは比較的穏やかであり、小学生向けのクラスでは授業終了時間が他塾よりも早目に設定されている。また、大手塾には及ばないものの、中規模の学習塾としては比較的人数が多い事でも知られている。


市進学院の種類
株式会社市進は、小中学生を対象とした「市進学院」の他に、現役高校生を対象にした進学予備校「市進予備校」も運営している。なお、姉妹校として個別指導の「個太郎塾」、家庭教師派遣機関の「市進チューターバンク」があるが、これらは株式会社市進の子会社である株式会社個学舎が運営しているものである(「個太郎塾」の一部は株式会社市進が株式会社個学舎のフランチャイジーとして運営)。これら4つをまとめて市進教育グループと呼ぶ。

市進学院では、必修シリーズと呼ばれる教科書とホームタスクと呼ばれる宿題教材が使われており、そのほかにトライアルシリーズやエッセンスシリーズ、ウイングシリーズなどの数多くの補助教材がある。授業は演習⇒解説というきわめて古典的なスタイルである。定期的に(年に7回程度)、市進独自で作成している定例試験を受ける。これは普通の教室で行われる。
また塾生ではなくても受けることができる公開模擬試験が存在する。塾生は定例試験の1つとしている。


教室一覧
千葉県

本八幡教室 浦安教室 船橋教室 市川教室 行徳教室 馬込沢教室 新浦安教室 西千葉教室 都賀教室 検見川教室 稲毛教室 四街道教室 稲毛海岸教室 千葉教室 鎌取教室 五井教室 土気教室 八街教室 検見川浜教室 津田沼教室 八千代教室 勝田台教室 臼井教室 成田教室 鎌ヶ谷大仏教室 北習志野教室 西白井教室 佐倉教室 八千代中央教室 松戸教室 柏教室 八柱教室 江戸川台教室 新松戸教室 北柏教室 我孫子教室

茨城県

取手教室 佐貫教室 新守谷教室 土浦教室 つくば竹園教室 つくば梅園教室 牛久教室 土浦桜ヶ丘教室(中学生のみ)

東京都

北千住教室 錦糸町教室 竹ノ塚教室 西葛西教室 西日暮里教室 東大島教室 瑞江教室 小岩教室 門前仲町教室 綾瀬教室 久米川教室 成増教室 練馬教室 田無教室 大泉学園教室 ときわ台教室 三鷹教室 国立教室 高円寺教室 荻窪教室 八王子教室 南大沢教室 聖蹟桜ヶ丘教室 調布教室 町田教室 多摩センター教室 北野教室 府中教室 西八王子教室 成瀬教室 立川教室 蒲田教室 大森教室 赤羽教室

神奈川県

北山田教室 青葉台教室 たまプラーザ教室 相模大野教室 東戸塚教室 新百合ヶ丘教室 センター北教室 宮崎台教室 生田教室 市が尾教室 溝の口教室 見花山教室(中学生のみ)

埼玉県

春日部教室 せんげん台教室 東浦和教室 北浦和教室 三郷教室 南浦和教室 北越谷教室 川口教室 蕨教室 所沢教室 川越教室 大宮教室 小手指教室 ふじみ野教室 上尾教室 狭山市教室 北与野教室 土呂教室(中学生のみ) 岩槻教室(中学生のみ)

現在、首都圏に101教室を擁す。

市進学院に関する話題
市進学院 評判, 市進学院 掲示板, 市進学院 授業料, 市進学院 偏差値, 市進学院 講師, 市進学院 中学受験, 市進学院 アルバイト, 2ch 市進学院 part14, 市進学院 研修, 市進学院 クラス編成 市進学院 講師 採用, 市進学院 講師 2ch 市進学院 中学受験 スレ 市進学院 アルバイト 受付
スポンサードリンク


片倉学.com(中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報)トップページへ

片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします。
発見した場合、法的な措置を取らせていただきます。ご了承ください。
Copyright(C)2007 片倉学.com All right reserved. Since 8/14 2007