片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
本文へジャンプ

家庭教師のメリット・デメリットの詳細について

スポンサードリンク

サイト内を検索する!

Google
まず、しておく!!

スポンサードリンク

家庭教師のメリット・デメリットの詳細について

家庭教師の最大のメリットは自分のペースに合わせて、自分の分からないところを重点的に細かく教えてもらえるということです。集団授業だと自分のペースに関係なくどんどん授業が進んでいきます。授業の内容を理解して説明にきちんとついていければ問題ありませんが、1つ分からないところがあるとそこから分からないところがどんどん増えていきます。授業後に質問しようと思っても先生がいなかったり、他の人が質問していて質問しづらいということはよくあります。また質問するのが恥ずかしくて質問できないという子どももいます。

その点、家庭教師なら1対1の授業なので分からないことがあってもすぐにその場で質問することができます。
また他の習い事で塾の授業の時間帯では通えない人も家庭教師なら時間帯が指定できるので時間の融通がききます。さらに最近、通塾中におこる凶悪犯罪が増えていますが、自分の家で行う家庭教師ならそういった心配もありません。

家庭教師のデメリットは授業料が高いということです。また家庭教師だけの勉強だと自分の実力をはかることができません。必ず、母集団の大きな模試を受けて実力をはかるとともに弱点単元を把握していくようにしましょう。

1対1の勉強はメリットもありますが、デメリットもあります。それは競争意識が育たないということです。マイペースでやっていくのも良いのですが、受験はやはり他人との勝負です。他の人よりも1点でも多ければ勝ちという世界ですから、ライバルに勝つという競争意識をもつことは重要なことなのです。家庭教師の勉強だけだと、ともすると「井の中の蛙・・・」になってしまう危険性があります。また自分のペースに合わせてできるので「もうこれくらいで良い!」みたいな甘えがでてくることもあります。子ども1人1人の性格や成績状況を見て先生が子どもをきちんと引っ張っていければ良いのですが、全員が全員そういう講師ではありません。

実は家庭教師もピンからキリまでいてプロの家庭教師もいればアルバイトの学生もいます。アルバイトの家庭教師は一般的に言って良い大学に通っている学生が多いのですが、こういった学生は頭は良いかもしれませんが、必ずしも教えるのが上手いかというとそうではありません。「自分が勉強ができること」と「人に勉強を分かりやすく教えること」は別次元の問題です。特に勉強で苦労したことがなくトントン拍子できた人は勉強が苦手な子どもの気持ちが理解できないことが多く、「何でこんなものも分からないの?」と心無いことを言う人もいます。教え方が多少下手でも「何とかこの子の成績を伸ばしてあげよう!!」と熱意のある講師なら良いのですが、中には「お金が稼げればいいや」という気持ちでやっている学生も少なからずいます。家庭教師は講師を何回も変えられるところが多いので、いい加減な講師やお子さんとの相性が合わない講師の場合はすぐに交代させることが重要です。

こういうトラブルを避けるためには多少授業料は高くなりますが、「プロの家庭教師」にお願いするのが良いと思います。

〜家庭教師の勉強に向いている子ども〜
(1)塾の集団授業についていけない子ども
(2)学校の授業レベルの基礎をしっかり勉強したい子ども
(3)分からないことがあっても質問ができない子ども
(4)進学塾に通っているが全然成績が上がらない子ども
(5)塾の時間帯に習い事をやっている子ども

<オススメの家庭教師の紹介>
@ 家庭教師の「名門会」(リソー教育グループ)                      


首都圏の受験対策なら、東証一部上場のリソー教育グループ、名門会



↑家庭教師の「名門会」は、東証一部上場企業のリソー教育グループの家庭教師です。
名門会家庭教師は全員がプロ家庭教師です。プロ家庭教師ならば、生徒(お子さん)のやる気を引き出してくれますし、お子さん1人1人の弱点を細かく分析してフォローしてくれます。

 リソー教育グループ名門会は社会人プロ教師のみを派遣する家庭教師派遣会社 です。 他の家庭教師派遣会社の多くが学生を教師として採用しているのに比べ、 名門会で派遣するのは指導歴が長く、豊富な実績を持つ社会人プロ教師のみとなっています。ですから名門会評判はよく、また名門会評価は高くなっております。名門会料金名門会月謝、名門会のコース紹介などはこちらプロ家庭教師なら名門会 からどうぞ!
今だけ、期間限定無料資料請求が行なえます!お気軽に資料請求をどうぞ!首都圏の受験対策!プロ家庭教師なら名門会

〜家庭教師の勉強に向いていない子ども〜
(1)難しいことをどんどん勉強したい子ども
(2)向上心が強く、好奇心が旺盛な子ども
(3)他人との競争・勝負が好きな子ども
(4)「御三家」「早慶附属」「難関進学校」などのハイレベルな学校を「切望」している子ども

>>進学塾のメリット・デメリットの詳細について

↓経済的な勉強なら↓

>>家庭学習教材のメリット・デメリットの詳細について



スポンサードリンク



片倉学.com(中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報)トップページへ

片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします。
発見した場合、法的な措置を取らせていただきます。ご了承ください。
Copyright(C)2007 片倉学.com All right reserved. Since 8/14 2007