片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
本文へジャンプ

東進ハイスクールとは

スポンサードリンク

サイト内を検索する!

Google
Z会の無料資料請求
まず、しておく!!

スポンサードリンク

東進ハイスクールとは

東進ハイスクール(とうしんハイスクール)は、株式会社ナガセによって経営される東京都武蔵野市吉祥寺に本部をおく大学受験予備校。首都圏を中心に84の校舎を持つ(2007年6月現在)。このほかに、フランチャイズとして全国で約800校の東進衛星予備校が展開されている。現在は、現役生中心となっており、東進ハイスクールの浪人生向けの特訓本科コースを設置する校舎は12校のみとなっている(東進衛星予備校は別)。 なお、これより以下の項目は特筆するもの以外は東進衛星予備校にも当てはまるものである。

概要
現社長の永瀬昭幸が東京大学在籍中アパートの一室ではじめた小さな塾(ナガセ進学教室)が「東進ハイスクール」の起源である。「大学受験」を通して、頭と心を逞しく鍛え上げ、「自立」した「社会貢献できる人財」に近づくことを目指し、「社会に貢献する人財を育てる」という教育目標を掲げ、駿台予備学校、河合塾、代々木ゼミナールの三大予備校とは一線を画す。90年代初頭の大浪人時代のピーク前にいち早く「現役中心」の運営体系に切り替えた。 現在、浪人生の数では他の予備校に大きく負けているが、 現役高校生の数では姉妹校の東進衛星予備校と合わせて10万人にも達する日本最大の現役予備校となっている。また現役東大合格者の約5人に1人が東進出身者で占めるという合格実績を誇っている(ただし、「東大特進コース」(後述)受講生を含む)。現在は、著名講師の授業のすべてを映像ライブラリー化し、生徒一人ひとりの志望校やレベル、スケジュールに合わせて個別に受講できるシステムとなっている。生授業の予備校のスタイルは全く残っていない。

トピックス
現在、首都圏で運行されている東進の広告を施したラッピングバス1988年の開校当初は、大手予備校や有名進学校から有名講師を大量に引き抜き、話題をさらった。特に1990年頃は受験シーズンとなると連日のようにテレビCMを大量に流していた。昨年より、東進イメージキャラクターの鈴木杏を起用したニュース番組風CMを夏期講習の募集に合わせて放映している。
現在は、全ての講義がDVDによる映像授業であり、生授業は東進ハイスクール生を対象に行われる河口湖での夏期合宿や、特別公開授業(こちらは東進衛星予備校も対象)、東大特進コースのみとなっている。
独自にセンタープレ入試などの東進模試を主催しており、それらは合格までの点数を絶対評価で算出し、偏差値・順位等の相対評価は算出されない。(詳しくは東進模試を参照。)
ひとりひとりに社員が担任としてつき、月1回の合格指導面談・保護者への月例報告を行う。なお、パンフレットに記載されていないが、担任指導を受けるには担任指導費として通期一講座分の料金が必要である。
担任助手と呼ばれる東進生の先輩が、現役生徒の週一のグループ面談などを担当し、身近な成功体験を伝達するなど大きな戦力となっている。担任助手は東進卒業生の優秀な生徒の中から選抜され研修会などが課される。

学習システム

DVD授業

従来の予備校などが行う「生徒を集めて行う生授業」では、部活や通院といったような事情で授業に出れない場合はその内容が抜けてしまう、あるいは自分がわからなくても授業が進んでしまうといった欠点がある。また、生授業方式では一般的に人気のある講師は首都圏など都市部に集中しがちであり、さらに受講できる人数に制限があるため、自分が希望する講師やその講座が必ずしも受けられるわけではない。しかし、東進はすべての授業がDVD授業なので、どこの地域であっても自分が受けたい講座をいつでも自分のペースで自分のスケジュールに合わせて受講できるという点で生授業方式の予備校の欠点を克服した現役生にとって優位な学習システムをとっている。ただし、DVD授業方式ではその授業を担当した講師には直接質問できないが、授業の質問は各校舎の担任助手、または回答専門の係員がいる東進バックアップサービスに電話かFAXで質問することができる。なお、ブロードバンド接続環境があれば、後述の学力POSを利用してほとんどすべての授業を自宅等で受けられる(VOD受講システム)しくみがあり、さらに効率的に学習を進めることができるようになっている。

学力POS
学力POSとはインターネットを利用した東進生専用の統合的な学習システムおよびそのWebサイトのことである。後述の確認テストや高速マスター講座などは全てここから利用することになる。また、保護者向けにも別途に用意されており、そこでは生徒の模試成績や学習状況などが確認できる。

確認テスト
東進では、毎回の授業終了後に確認テストが用意されており、一定の点数以上を得点しないと次の授業を受講できない。さらに、全範囲終了後には制限時間が最大で90分にも及ぶ講座修了判定テストと呼ばれる総確認のテストもある(これらに加えて中間テストと呼ばれるテストが用意されている講座も多数ある)。なお、パンフレットの授業回数にはこの講座修了判定テスト・中間テストもそれぞれ1回分として含まれており、しばしば混乱が起こる。

高速マスター講座
高速マスター講座には高速暗記講座と高速トレーニング講座の二種類があり、高速暗記講座は英単語や古文単語、史事や化学式などの暗記を必要とする基本項目のほとんどはこの講座で確認できるしくみとなっている。これには自分が間違えた単語などをまとめて確認・印刷できる機能もある。一方、高速トレーニング講座では英語の音読(教材はアメリカの教科書に使われた文章)や、計算力を上げるための数学の問題が用意されている。
なお、料金体系としては高速マスター講座は、「英語」・「英語以外のその他の科目」に区別されており、どちらか片方を利用したい場合は通年授業1講座分、両方を利用したい場合は通年授業2講座分の料金を支払った上で、なおかつ利用したい科目の通年授業を受講していなければ利用することができない(例えば、日本史の高速暗記講座を利用したければ「英語以外のその他の科目」に申し込んだ上で、何らかの日本史の通年講座を申し込む必要がある)。

東大特進コース
このコースは、東大を目指す現役高校生のために東進ハイスクールにより毎年開設される短期集中型の特別コースで、東京地区と大阪地区のみに設置されている。宮崎尊、長岡恭史、鎌田真彰、苑田尚之、荒巻豊志、野島博之らが東大入試に特化したライブ授業を行い、短期集中講座ならではの密度の濃い授業が展開されている。通常の東進ハイスクールの受講料に比べて受講料は安価で、さらに東進や駿台、河合塾の模試の成績により、特待生制度がある。授業のほか、現役東大生スタッフ等による親切なアドバイスは定評があり、受講生の満足度はかなり高い。東大特進コース生の東大現役合格率は60%を超えており、東進ハイスクールの東大現役合格者数に大きく貢献している。


現在授業を開講している講師
ここでは主要な講座を開講している講師のみ掲載する。過去に在籍した講師は別途後述する。

英語
今井宏、福崎伍郎、宮崎尊、大岩秀樹、安河内哲也、永田達三、山中博、西田昌史、横山雅彦、渡辺勝彦

数学
石綿夏委也、沖田一希、澤村光弘、鹿野俊之、長岡恭史、原田知也、堀西彰、水谷千治

国語
現代文
板野博行、内田和美、河本敏浩、出口汪、林修

古文
板野博行、伊東潤、荻野文子、富井健二、三羽邦美

漢文
磯部幸久、三羽邦美

小論文 河本敏浩、樋口裕一

理科
物理
苑田尚之、高橋法彦、橋元淳一郎、やまぐち健一

化学
岡野雅司、鎌田真彰、橋爪健作、二見太郎

生物
田部眞哉

地学
今橋健彦

地歴・公民
世界史
荒巻豊志、斎藤整

日本史
金谷俊一郎、須藤公博、野島博之

地理
高橋和明、山岡信幸

公民
清水雅博、相澤理(※倫理のみ担当)

過去に在籍した講師
ここでは2007年1月現在判明している元東進ハイスクール講師を記す。なお、一部講師の授業は、現在在籍していなくとも、引き続き放映されている。

英語
江川高志(契約終了だが、英文法の授業等の一部が今も放映されている。)、柴田卓也、江藤正明、佐藤忠志、滝山敏郎、江川高志、関正生、安藤勝美、羽生竜王、佐久間稔、下池広志、奥山晋太郎、相賀直孝、廣政愁一、風海弘希、吉川幸一、岡本直樹、笹村隆、阿部憲、国生浩久、菊池大朗、舟本守、谷内田浩正、田村哲、伊藤秀行、木村真哉、田中久之、三代沢義人、小池直己、嵯峨宗(峨家崇)、神戸康弘(かんべやすひろ)、村上正、池田省三、半澤朝彦、山田弘、芝崎祐治
現代文
平山三男、山西博之、高橋清二、関井光男、鹿子島康二、本多明、岡田安司、宮下善紀、井上興造
古文
土屋文明、和角仁、能勢要、黒須宣行、北山雅珠、上田善和、鳥光宏、小宮賢
数学
浜中勲、小林誠、馬場敬之、安田亨 、大上芳樹、湯浅弘一、岡安実、宮崎充弘、城野俊樹、安本肇、久保恵介、水谷一、安達幸平、木村正樹、真下雅浩、今野和浩、長谷大輔、木須一郎
物理
木暮隆夫、湯浅博一
生物
日田悌一
化学
沖暢夫、福間智人、山口えみ、藤田東幸
日本史
菅野祐孝、横田伸敬、瀧音能之、伊藤賀一、富増章成(篠崎武)、上原憲一、吉岡章公
世界史
田中拓雄、内野 智司、前田伸(岩田一彦)、山城静吾、入戸野良行
地学
伊藤太一

校舎一覧
【東京都】 吉祥寺本部校・九段下校・市ヶ谷校・高田馬場校・荻窪校・早稲田校・渋谷駅新南口校・下北沢校・五反田校・巣鴨校・本郷三丁目校・茗荷谷校・三軒茶屋校・都立大学駅前校・大井町校・大森校・蒲田校・北千住校・西新井校・綾瀬校・金町校・門前仲町校・西葛西校・高円寺校・光が丘校・石神井校・大泉学園校・成増校・東久留米校・武蔵境校・武蔵小金井校・国分寺校・調布校・府中校・聖蹟桜ヶ丘校・八王子校・町田校・錦糸町

【埼玉県】 南浦和校・浦和校・与野校・大宮校・春日部校・川越校・上福岡校・所沢校・新所沢校・小手指校・せんげん台校

【神奈川県】 武蔵小杉校・川崎校・鶴見校・横浜校・青葉台校・向ヶ丘遊園校・藤沢校・厚木校・平塚校・湘南台東口校・新百合丘校・たまプラーザ校

【千葉県】 千葉校・稲毛海岸校・海浜幕張校・津田沼校・船橋校・北習志野校・八千代台校・土気校・行徳校・新浦安校・松戸校・新松戸校・南柏校・柏校・我孫子校

【茨城県】 取手校・荒川沖校・つくば校・土浦校

【静岡県】 静岡校

【長野県】 長野校

【奈良県】 奈良校・JR奈良駅前校

沿革
1971年 3月東京三鷹市で「ナガセ進学教室」をスタート。
1976年 3月東京都武蔵野市に「東京進学教室」開設。
1976年 5月「株式会社ナガセ」設立。
1978年12月東京進学教室を「東進スクール」に改称。
1985年 4月現役高校生のための「東進ハイスクール」を吉祥寺を本部校として創設。
1986年12月株式会社ナガセと株式会社ナガセ進学センターが合併。
1988年 4月東進ハイスクール吉祥寺校に高卒生のための大学受験本科を併設。
1988年12月株式を店頭公開。
1989年11月出版事業部を設立。
1991年 4月東進ハイスクール全校舎を対象にした衛星授業「サテライブ」を開始。
1992年 3月サテライブを配信する「東進衛星予備校」を開設し全国の塾・予備校を対象にフランチャイズ展開。
1993年 9月東進衛星予備校の加盟校が開設1年半で全国で300校に到達。
1996年 4月「ナガセPCスクール」開設。 衛星デジタル放送参入のため、郵政省より委託放送業務認定証を交付される。
1997年 3月デジタル化による放送開始。
1997年 4月パーフェクTV!(現スカイパーフェクTV!)にて東進Dスクール本放送開始。
1998年 4月ロイタージャパンと提携し、「東進Dスクール英語コース」チャンネルで「Toshin English News」を放送開始。[2001年1月終了]
1999年 1月プレイステーション対応のエデュテイメントゲーム「プレイで覚える英単語でるでる1700」を開発・発売。
1999年 8月PCスクールのパソコン講座とDスクールのTOEIC・英検対策講座などの社会人対象講座が、教育訓練給付制度講座として労働省より認定。(放送通信講座としては日本初)
1999年10月2002年の教育改革に対応する新しいタイプの個別指導塾「東進こべつ塾」開校。
2000年 2月米スタンフォード大学と組んで、新しい教育システムを開発するアイ・キャンパスを設立。
2000年 3月ナガセPCスクール本部を分社化し、株式会社ナガセピーシースクール設立。
2004年 2月株式会社ナガセマネージメントを設立(グループ管理会社)。
2005年10月株式会社進級スクール(愛媛県松山市)が当社グループの一員となる。
2006年10月株式会社四谷大塚が当社グループの一員となる。

東進ハイスクールに関する話題
東進ハイスクール 過去問, 東進ハイスクール 西葛西校, 東進ハイスクール 評判, 東進ハイスクール センター, 東進ハイスクール 掲示板, 東進ハイスクール 確認テスト 東進ハイスクール 評判 ランク 東進ハイスクール, 東進衛星予備校, 東進ブックス, 東進ゼミナール, 東進スクール, 東進 過去問, 東進POS, 東進 センター, 東進ドットコム, 東進ゼミ MSG 東進衛星予備校, 東進衛星予備校 評判, 東進衛星予備校 広島駅前校, 東進衛星予備校 アルバイト 東進衛星予備校 評判 OR 人気 東進ブックス 音読 韓国語, 大学受験ガイド 東進ブックス, 東進ブックス 今すぐ 中国 東進ゼミナール 求人, 東進ゼミナール 講師, 東進ゼミナール bbs 東進 センター 解説, 東進 センター 判定, 東進 センター 速報, 東進 センター 解答


スポンサードリンク


片倉学.com(中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報)トップページへ

片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします。
発見した場合、法的な措置を取らせていただきます。ご了承ください。
Copyright(C)2007 片倉学.com All right reserved. Since 8/14 2007