片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
本文へジャンプ

中学受験勉強の留意点B 〜受験校選びは慎重に〜

スポンサードリンク

サイト内を検索する!

Google
まず、しておく!!

スポンサードリンク

中学受験勉強の留意点B 〜受験校選びは慎重に〜

受験校選びを慎重に行なっていただきたいと思います。 『第1志望校』以外の学校は、四谷大塚の『合不合判定テスト』などの結果(偏差値)だけで適当に決めてしまう人がたまにいますがこれはやってはいけません。 『学校説明会』や『文化祭』などに行ってその学校の【教育方針】【校風】【進学実績】などを見て、『ご家庭の方針に合う学校』や『お子さんの気に入った学校』(直感的にでも構いません)を選んだほうが良いと思います。 要するに、実際に通うことになったとしても満足のできる学校を選ばなければならないということです。 それは、なぜか? 通うことになるかもしれないからです。 お子さんや親御さんは第1志望校に合格することだけを考えて取り組んでいますから、第一志望校に合格できなかったときのことを考えません。想像しません。これは当然のことです。 しかし、入試、特に中学入試の場合は、受験生がまだ小学校6年生で精神的にも体力的にも未成熟な部分があります。実力通りに結果が反映されないことがよくあります。 ですから、残念ながら『第1志望校』に合格できず『第2志望校』『第3志望校』に通うことになることもよくあります。 そんなとき、第1志望校以外の学校を適当に選んでいると大変なことになります。

まーそうは言ってもほとんどの方がきちんといろいろなことを考えて受験校を選んでいます。 大切な話はここからです。 それは『第1志望校』だけが絶対と考えてはいけないということです。毎年、親御さんがお子さんに「『第1志望校』に絶対合格しなきゃダメよ!」と過度にプレッシャーを与えてしまうケースがよくあります。こういったご家庭の入試は例外なく失敗します。 人によってケースバイケースですが、たいていのお子さんは過度に緊張やプレッシャーを与えてしまうと萎縮して本番で実力が発揮できません。それよりも、のびのびと入試を楽しむくらいの気持ちで受けたほうが実力が発揮されやすいのです。

また、『第1志望校』に合格できなかったら『負け組』だという人もいます。 これはあきらかな間違いです。 これからの長い長い人生から考えたら中学入試は通過点に過ぎません。 人間は開花する時期が人によって異なります。 中学入試で開花する人もいれば、高校入試や大学入試で開花する人などさまざまです。 中学入試で第1志望校に合格することが絶対と考えるから、不合格だった場合に『負け組』『人生の終わり』と考えてしまうのです。これは前提が間違っているのです。 ですから、親御さんには子ども達を過度に追いつめないでほしいのです

中学入試で第1志望校に合格することも良いですが、それ以上に 「家族が仲良く過ごす」 「心から信じあえる友達を作る」 「おもいやりの心をもつ」 「みんなと力を合わせて困難を乗り越える」 ということの方が大切ではないでしょうか? 私は別に「第1志望校」に合格できなくても良いということを言っている訳ではありません。実際、今までも数多くの子供たちを第1志望校に合格させてきました。最近では「御三家中」や「駒東中」ではほとんど負け知らずです。 要するに「心にゆとりを持って、視野を広くして入試に立ち向かっていきましょう!」ということです。そうすれば結果は自ずとついてきますから!
 
 <途中で挫折しないための中学受験の留意点 目次>


(1) 中学受験勉強の留意点@ 〜過度な勉強をさせない〜

(2) 中学受験勉強の留意点A 〜親御さんが褒める〜

(3) 中学受験勉強の留意点B 〜受験校選びは慎重に〜

(4) 中学受験勉強の留意点C 〜中学受験は『3人4脚』〜

(5) 中学受験勉強の留意点D 〜受験生に良い環境を!『家庭力』〜
スポンサードリンク


片倉学.com(中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報)トップページへ

片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします。
発見した場合、法的な措置を取らせていただきます。ご了承ください。
Copyright(C)2007 片倉学.com All right reserved. Since 8/14 2007