片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
本文へジャンプ

中学受験勉強の留意点C 〜中学受験は『3人4脚』〜

スポンサードリンク

サイト内を検索する!

Google
まず、しておく!!

スポンサードリンク

中学受験勉強の留意点C 〜中学受験は『3人4脚』〜

最近、小学校6年生の受験生の親御さんと話をしていて気になることがあります。 それは「お父さんが子どもの中学受験に全く無関心である家庭が多いこと」です。 よく「中学受験は『親子2人3脚』で頑張らなければならない」と言われますが私は『親子2人3脚』ではなく『親子3人4脚』だと考えています。 つまり『受験生』と『お父さん』と『お母さん』の3人です。 お父さんとお母さんにはそれぞれの役割があると思うのです。

まーいわゆる「亭主関白」の家か「かかあ天下」の家かによって多少の差はあるでしょうけれども、一般的に男は理屈でモノを考えて、女は感情で動くと言われています。(多少、語弊があるかもしれませんがお許し下さい)

ですから、『模試の分析』や『受験校選び』についてはお父さんがリーダーシップを取ったほうが良いことが多くあります。 一方、お子さんを褒めたり、体調を気遣うのはお母さんが向いているでしょう。 これが、お父さんが子どもの受験に全く関知せず、お母さんだけに任せていると、例えば模試の成績が悪かったときにお母さんが感情的に怒ってしまい、子どものやる気をそいでしまうことがよくあります。 また、受験校選びの際にも模試の成績を全く無視してしまい、後で解き直しをさせたら高得点が取れたから本当はもっと偏差値は良いと自分に言い聞かせて、夢を見てしまい無謀な受験を子どもに強いてしまい子どもを全滅へと追い込んでしまうのです。これは子どもにとって本当に可哀想なことです。 さらに子どもが勉強をせずに少し息抜きをしていると、「早く勉強をやりなさい!」と感情的に怒ってしまうのです。 しかし、子どもは反抗しますから結局、親子関係が悪化するだけで意味がないのです。 こんなときは、お父さんが一喝すれば効果抜群なのです。 模試の成績が悪かったときでも、「まーまーいいじゃないか!」「今回のテストは本番じゃないし、次にドーンと点数を上げればいいじゃないか!!」と言えるのもお父さんが多いのです。
中学受験攻略のカギは『親子3人4脚』、家族が一丸となって取り組むことなのです。

 <途中で挫折しないための中学受験の留意点 目次>

(1) 中学受験勉強の留意点@ 〜過度な勉強をさせない〜

(2) 中学受験勉強の留意点A 〜親御さんが褒める〜

(3) 中学受験勉強の留意点B 〜受験校選びは慎重に〜

(4) 中学受験勉強の留意点C 〜中学受験は『3人4脚』〜

(5) 中学受験勉強の留意点D 〜受験生に良い環境を!『家庭力』〜

スポンサードリンク


片倉学.com(中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報)トップページへ

片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします。
発見した場合、法的な措置を取らせていただきます。ご了承ください。
Copyright(C)2007 片倉学.com All right reserved. Since 8/14 2007