片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
本文へジャンプ

中学受験 受験パターン@
受験パターンを組む際の注意点について

スポンサードリンク

サイト内を検索する!

Google
 
まず、しておく!!

スポンサードリンク

ポイント@ 『挑戦校』『実力相応校』『おさえ校』を満遍なく入れよう!!

挑戦校………自分の実力よりも偏差値が高い学校。
          第一志望校が挑戦校になる人が多い。
実力相応校…自分の実力と同じくらいの偏差値の学校
おさえ校…… 自分の実力よりも偏差値が低い学校。いわゆる「滑り止め」

例えば自分の偏差値が55くらいなら60以上が挑戦校、50〜60くらいが実力相応校50以下がおさえ校といった具合になります。

これらの学校を満遍なく入れたほうがよい受験ができます。
ご家庭によっては親御さんの方針で挑戦校しか受験させないというところもあります。チャレンジさせて駄目なら公立に通わせるというご家庭も多くあります。それはそれで1つの考え方なのでそれで親子が心から納得して受験するなら構いませんが私が一番気になってしまうのは全て挑戦校を受験して1校も合格できなかったときに

「子供が自信を失くしてしまう」

ということです。親子ともまだ受験をする前なので、そうなったときは仕方がないと軽い気持ちで考えていますが、実際にそういう状況になってみるとものすごくショックを受けます。特に子供のショックは大きいです。

この状態で公立に通わせて高校受験をするといっても、やはり高校受験が近づいてくると中学受験のときの記憶が蘇り、自信がもてなくなるといった生徒を何人も見てきました。

このことを考えると、仮に挑戦校に合格しなかったら公立に通わせるとしても
最低どこか1校は合格したという結果を作って公立に進学してほしいと思います。つまり「おさえ校」を1校は入れるということです。そうすれば高校受験の直前に自信喪失するといったことが減ってきます。

では「おさえ校」は自分が絶対に合格できるような学校ならどこでもよいでしょうか?
当然答えはNoです。

ポイントA 進学することになっても納得できる『おさえ校』を必ず1つ入れよう!!

挑戦校に合格できなかったときは公立に絶対通わせる。単に「合格校」を1つ作るために受験させるというなら、偏差値が低い学校を選んでもよいと思いますが、そういったケースは稀だと思います。

やはり「挑戦校」や「実力相応校」にもし合格できなかったら「おさえ校」に通わせるというのが普通だと思います。

この場合には当然、
偏差値だけを見て決めるのではなく前のページで書いた「合格実績」「校風」「交通の便」「男子校か女子校か共学か」「補習や特別授業の有無」「学費」などを総合判断して、もしその学校に通うことになっても納得できるかを考えて決めて下さい。

また「おさえ校」は学校見学に行かないという人もいますが必ず親子両方とも学校見学に行って下さい。当たり前ですがこれは「挑戦校」「実力相応校」も同じです。

要するに自分の受験する学校は必ず学校見学に行き自分の目で見て確かめるということです。

偏差値で考えた場合、「おさえ校」とは自分の偏差値より低い学校と書きましたが、偏差値が1とか2しか変わらない学校は「おさえ校」とは考えないほうが無難です。というのも中学受験は小学校6年生が臨む試験です。何が起こるか分かりません。本番の入試での多少の誤差というものは出てきます。

ですから
「おさえ校」は自分の偏差値よりも5以上低い学校を選んだ方が安全です。

※ここで1つ注意点ですが、自分の偏差値を考える場合例えば1回受けた模試の偏差値が60だったからといって自分の偏差値は60と考えてはいけません。というのも模試の偏差値は良いときもあれば悪いときもあるので1回の成績だけを見て、それが実力と判断できないからです。ですから複数回の模試の偏差値から実力を割り出すべきです。

私が実際にやっている方法は9月、10月、11月、12月に行われる四谷大塚の
「合不合判定テスト」の計3回もしくは計4回の4科偏差値の平均か、または4月と7月に行われる「合不合判定予備テスト」と先程の「合不合判定テスト」の計5回もしくは計6回の4科偏差値の平均を自分の本当の偏差値と考えると方法です。こうすると実力とブレがあまりありません。

これはあくまでも1例ですので、四谷大塚の「合判」でなくても構いません。(母体数を考えると「合判」が一番信憑性はありますが)

とにかく
複数回の模試の成績から自分の偏差値を割り出したほうが良いということです。

ポイントB 『おさえ校』はなるべく早い日程に入れよう!!

なるべく早い日程でおさえ校が確保できれば後で挑戦ができます。
この逆のパターンで2月1日、2月2日、2月3日と挑戦して、そこで駄目なら2月4日、2月5日、2月6日、2月7日の後半の日程でおさえ校を入れると考える人がけっこう多くいますがこれは非常に危険です。

確かに東京の多くの学校が2月1日と2月2日に受験を実施します。
そこでレベルの高い学校を続けて挑戦したいのは分かります。そこでどちらかの学校に上手く合格できれば全く問題ありませんが、万が一、両方とも不合格だった場合、非常に入試が厳しくなってきます。
というのは

(1) 2月3日以降は受験できる学校が少ない。

(2) 挑戦校(第一志望校)に不合格したというショックと次も駄目だったらどうしようという不安の中で受験をしなければならない。


 →普通に受験すれば合格できる学校も実力が発揮できず不合格になるケースがよくある。


(3) 一見すると偏差値的には合格できそうに見えても後半の日程は募集定員が少なく、実は実質倍率が高いためため合格しづらい。


からです。
ですから「おさえ校」はなるべく早い段階で確保してその後で挑戦校を作ったほうが子供の負担は少ないと思います。

では具体的にいつおさえ校をつくるか。(関東地方の方の中学受験の場合)

(1) 埼玉県や千葉県の入試を活用する。

(2) 2月2日までにおさえ校をいれる

の2つが考えられます。
@に関しては当然、地理的な面で制約があります。合格したけれど実際には通えないのでは、「おさえ校」を確保したことにはなりません。実際に通える範囲の中で偏差値的におさえになりそうな学校を考えてみましょう。そのなかに通ってもよいなと思える学校があったらその学校を受験するべきです。


埼玉県の入試は1月10日から
始まります。
受験者が多い学校は男子なら「立教新座」「西武学園文理」「栄東」「城北埼玉」「城西川越」女子なら「浦和明の星」「西武学園文理」「栄東」「星野学園」などです。

※自分の偏差値によってどの学校がおさえになるかは変わります。

千葉県の入試は1月19日から始まりました。
千葉県の進学校はレベルが高い学校が多いので、東京の受験生が千葉でおさえ校を作るとしたら御三家や早慶が狙える受験生しかおさえ校は作れないと思います。
受験者が多い学校は男子なら「渋谷教育学園幕張」「東邦大東邦」「昭和学院秀英」「市川」女子も「渋谷教育学園幕張」「東邦大東邦」「昭和学院秀英」「市川」などです。

これら埼玉の「立教新座」「栄東」「浦和明の星」「西武学園文理」や千葉の「渋谷教育学園幕張」「東邦大東邦」「昭和学院秀英」「市川」は非常にレベルが高いですが良い附属校や進学校ばかりですので、おさえになる人は当然受験を考えてほしいのですが挑戦になる人もこれらの学校は日程が重ならないので合格した場合に通う意思があるなら積極的にチャレンジしてほしいと思います。

また
通う意思がない場合でも「受験慣れ」や「力試しのために受験するということもあります。

実際、本番で緊張してしまうタイプの子供の場合には、本番の入試の前に1校受験して受験の雰囲気に慣れさせてから本番に臨ませるということをよくやります。

その際に気をつけてほしいことは、受験に慣れさせるとともに「自信をつけさせる」という目的もあるので、難しい学校を受験して不合格になってしまったら元も子もありません。
確実に合格できるレベルの学校を受験して受験慣れするとともに自信をつけさせましょう。

また「開成」志望者に千葉県の「渋谷教育学園幕張」を受験させるなどライバルを知るためや力試しのために受験させることもあります。これらの具体的な受験パターンは後で説明します。

Aに関してですが、やはり「おさえ校」はできれば2月2日までに入れるのが効果的だと思います。2月2日までであれば募集定員も多くやや自分の偏差値よりランクを落とせば合格できる可能性が高いからです。

「確実的なおさえ校」を作るなら自分の偏差値より5以上下げたほうが無難

です。ですから2月1日が第一志望校なら2月2日に、2月2日が第一志望校なら2月1日におさえ校をなるべく考えましょう。そして2月2日までにおさえ校をつくるなら(行きたい学校であるという前提のうえで)

合否を即日発表する学校を選ぶと受験パターンが組みやすい

理由は『W出願』と関係があります。

中学受験のW出願についてはこちら

 <中学受験の受験パターン・受験校について 目次>

(1) 受験パターン@(受験校を考える際の注意点について)

(2) 受験パターンA(W出願)

(3) 受験パターンB(午後入試・午後受験)

(4) 中学受験の受験パターンの例(男子御三家・駒場東邦)

(5) 中学受験の受験パターンの例(女子御三家)

(6) 中学受験の受験パターンの例(早慶附属中)


スポンサードリンク


片倉学.com(中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報)トップページへ

片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします。
発見した場合、法的な措置を取らせていただきます。ご了承ください。
Copyright(C)2007 片倉学.com All right reserved. Since 8/14 2007