片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
本文へジャンプ

中学受験 受験パターンA W出願

スポンサードリンク

サイト内を検索する!

Google
まず、しておく!!

スポンサードリンク

W出願……同一受験日に複数の学校に願書を提出すること。これによってその日までの合否結果を見てその日にどこの学校を受験するを選ぶ余地が残せる。

W出願は受験の必須テクニックです。しかしW出願をたくさん行うと受験料がものすごくかかります。費用を考えたうえで余裕があるなら有効に活用してほしいと思います。

よくある戦法が2月3日にW出願するというものです。これは中学受験パターンBとも関連する話ですが、
例えば
2月2日に「合否を即日発表する学校をおさえ校」にしたとします。そして2月3日に「挑戦校」であるA中学校と「実力相応校」もしくは「おさえ校」であるB中学校をW出願します

そうすると、
2月2日の「おさえ校」の結果が2月2日に分かるので、「おさえ校」が合格なら2月3日は「挑戦校」のA中学校を受験して「おさえ校」が不合格なら2月3日は「実力相応校」もしくは「おさえ校」のB中学校を受験することが可能になります。

2月3日以降も有名な附属校や進学校は募集していますので、2月1日が第一志望校で挑戦した場合には、2月2日はひとまず「おさえ校」を受験して2月3日以降もういちど挑戦するというパターンが最も安全なパターンと言えます。

ただこれは1つのパターンですので、絶対こうして下さいというものではありません。受験したいおさえ校が2月2日にない場合や2月1日も2日も絶対に挑戦したい学校があるなら後悔しないためにもその学校を受験するべきです。ただその一方で「おさえ校」は早めに入れることも考えるべきです。

 <中学受験の受験パターン・受験校について 目次>

(1) 受験パターン@(受験校を考える際の注意点について)

(2) 受験パターンA(W出願)

(3) 受験パターンB(午後入試・午後受験)

(4) 中学受験の受験パターンの例(男子御三家・駒場東邦)

(5) 中学受験の受験パターンの例(女子御三家)

(6) 中学受験の受験パターンの例(早慶附属中)

スポンサードリンク


片倉学.com(中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報)トップページへ

片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします。
発見した場合、法的な措置を取らせていただきます。ご了承ください。
Copyright(C)2007 片倉学.com All right reserved. Since 8/14 2007