片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
本文へジャンプ

新中学校3年生の勉強の留意点

スポンサードリンク

サイト内を検索する!

Google
まず、しておく!!

スポンサードリンク


新中学校3年生の勉強の留意点について

新中学校3年生が中学校の勉強で心掛けることについて書きます。
中学校3年生も春の段階では『志望校』が漠然としているお子さんが多いと思います。受験学年である新中学校3年生がまずやらないといけないのは
『志望校の決定』です。

志望校を早く決めた方が良い理由は2つあります。
1つ目は
『勉強に対するモチベーション』の問題です。『第一志望校』という明確な目標があった方が勉強に対してモチベーションが上がります。モチベーションが高いほうが集中力が増し、同じ時間勉強をしたとしても効果が全く違います。

2つ目の理由は
『志望校によって力点を置く科目が変わる』からです。 志望校は大きく分けて『都立高校』と『私立高校』に分かれます。
『都立高校』の場合は学校の成績をきちんと確保すると同時に『理社の勉強』に力を入れる必要があります。都立高校の場合、「理社」が比較的に得点を取りやすい科目となりますし、ある意味取れて当然の科目でもあります。理社が出来ないから都立高校のレベルを下げて受験せざるを得ないということにならないようにきちんと理社の勉強に時間を割いて問題演習をしていく必要があります。

『私立高校』の場合は当然『英数国』3科の勉強に力を入れます。特に早慶のような上位私立校やMARCH(明青立法中)のような中堅私立校を志望する場合は入試問題が難しいので学校の教科書のレベルを超えた勉強をする必要があります。

なお、私立高校を志望する場合も学校の成績は重要であり、きちんと良い成績を確保した方が良いでしょう。というのも
私立高校の推薦入試があるからです。一昨年から『慶應女子』の推薦入試も始まりました。『早大学院』の自己推薦入試は『オール5で生徒会長経験者』なら推薦入試で合格できる可能性もぐっと高くなります。昨今は早慶のような上位私立校も推薦入試をやっていますので学校の成績は重要になります。

中学校の成績(内申点)を確実に上げる勉強法はこちら

高校受験の受験校の種類と志望校の決め方・選び方について


スポンサードリンク


片倉学.com(中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報)トップページへ

片倉学.com 中学受験勉強法・偏差値情報 高校受験勉強法・偏差値情報
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします。
発見した場合、法的な措置を取らせていただきます。ご了承ください。
Copyright(C)2007 片倉学.com All right reserved. Since 8/14 2007